キーワード選定から公開まで[基本編]

ブログでアクセスを集める上で、キーワード選定はめちゃくちゃ大切です!

どれだけ記事の内容が良かったとしても、タイトルキーワードを正しい方法に沿って作成しないと検索順位が大きく変わりアクセス数が大きく変わります。

 

ですので、何度も見返して正しいキーワード選定方法を身につけましょう。

記事執筆の流れとは?

これからアナタは、ブログ記事を日々執筆していくこととなります。

その上で、記事作成から公開までの流れをしっかりと頭に入れておきましょう。

 

  1. キーワード選定←今ココ
  2. ライバルチェック
  3. タイトル作成
  4. 見出し作成
  5. 本文執筆
  6. タグ/メタディスクリプション設定
  7. 記事公開→インデックス
  8. 表示順位チェック

ざくっと伝えるとこのような流れです。

今回の記事では、1から4まで具体的にお伝えしていきますね。

タイトル作成時にキーワード選定をするポイント

アナタが書きたいジャンルに沿ってキーワードを設定します。

筋トレの記事について書きたいのであれば、「筋トレ」に加えて別のキーワードも設定しましょう。

文字数は、30〜34文字程度が推奨されています。

これは、検索画面に置いてスマートフォンで表示される文字数がこれくらいの文字数のためです。

検索キーワードを組み合わせてタイトルが自然な日本語になるように作成しましょう。

 

 

この辺りは、別記事動画でもお伝えしていますので併せて確認をお願いします!

Adsense審査を突破するための記事の書き方
今回は、「Adsense審査」および「Adsense審査を突破するための記事の書き方」についてです。 Adsense審査では、ブログ記事をかなり細かくチェックされるケースがあります。 そのため、審査を通すための記事は今回お伝えす...
ライティングマニュアル
コチラの動画はワタシがライターさんに 記事作成を依頼するときにお渡ししている動画です。 「この動画に従って記事作成をしてください」 とお伝えしてお渡ししています。 あなたが記事を書く際にも役立つ内容になっています...

どのようなキーワードを選ぶべきか?サイト解説初期の考え方!

サイト開設初期は、ドメインパワーも弱く記事数も少ないためなかなか検索上位に食い込むことは難しいです。

 

一般的には、サイト設立(ドメイン取得)してからの時間が長いほど有利になり、かつ、記事本数が多ければ多いほどドメインパワーが強くなると言われています。

 

そのため、サイトを作っても放置していたらアクセスがのびるということではなく、しっかりと更新し続けることが大切です。

 

そういった背景があるので、最初からメジャー級に検索されているキーワードを扱っても、なかなか上位表示できません。

 

ですので、初期は検索ボリュームが少なめでライバルが少ないキーワードをしっかりと選び記事を執筆していきます。

そして、アクセスが伸びてきたら検索ボリュームの大きいキーワードタイトルで記事を執筆していくという流れですね。

キーワード選定に使える便利ツール

そうは言っても、どのキーワードがどれくらい検索されているかはわかりませんよね?

コチラの記事で、ツールの使い方をお伝えしているのでしっかりとインプットしましょう。

キーワード選定に使える3つの便利ツール

キーワード組み合わせでライバルチェック

キーワード選定を行ったら次にライバルサイトをチェックして、その記事を書くかどうかを判断します。

ライバルサイトをチェックする方法!

キーワードを組み合わせてタイトル・見出しを作成

ライバルチェックが終わったら、いよいよタイトルと見出しを作ります。

SEOを意識したタイトル・見出しの作り方

 

ここまで出来たら、本文を執筆していきましょう!

タグ/メタディスクリプション設定

本文が執筆し終わった後に、公開前に簡単な作業を行います。

タグ・メタディスクリプションを設定する理由と方法

記事公開→インデックス

記事を公開したら、そのままの流れでSearch Consoleからインデックスを行いましょう!

インデックスをしないとGoogleの検索順位に反映されませんので気をつけましょう!

Google Serchconsoleを使って手動で記事を検索エンジンに反映させる方法

表示順位チェック

-編集中-

タイトルとURLをコピーしました